地域公開型図書館

ビブリオバトル2017校内大会

図書館2017年9月20日 16:13

本日3校時、3年生全員が集まり、

ビブリオバトル2017校内大会が開催されました。

 

まずはじめに3学年主任であり司書教諭の氏家雅彦先生より

「今、就職や進学など進路決定の真っ只中にある3年生にとって、

【人前で発表し自分を表現すること】や【相手に自分の思いや考えを伝えること】は

ここにいる【全員に必要な力】です。今日はこのビブリオバトルを通して学んで欲しい。」

とのお話の後、早速2人のバトラーの熱弁が繰り広げられました。

 

   ↓↓先攻は3-1宮村 祥生さん           ↓↓後攻は3-3今野 準二さん

IMG_8650.JPG   IMG_8653.JPG

宮村さんが紹介してくれたのは、住野よる・著『よるのばけもの』。

トップバッターで緊張しながらも、自らの様々なエピソードを交えながら語ってくれました。

今野さんが紹介してくれたのは、上橋菜穂子・著『獣の奏者』。

 この本との出会いやストーリー展開の魅力、本が放つ独特の世界観について語ってくれました。

 

発表後のディスカッションタイムでは...

     ↓↓3-4仁藤 康裕さん               ↓↓3-4金子 葵さん

  IMG_8655.JPG    IMG_8656.JPG

の2人から質問があり、聴衆全員が両バトラーの発表をより深く味わう機会となりました。

 

その後すぐの投開票の結果、3-1宮村 祥生さんが本校代表として

来月に行われる山形県大会へ出場することになりました。

最後に氏家雅彦先生より

「まずは今日こんなにも大勢の前で堂々と発表してくれた両バトラーの健闘に心から拍手を送りたい。大勢の前で話すということだけでも勇気のいることですが、さらに投票によってどちらか1人しか県大会には進むことが出来ないというシビアな結果が出る中で、2人は本当によく頑張ってくれた。」

「また聴衆である皆さんも、真剣に聴き発表を楽しみ投票してくれた。2人の頑張りに対してしっかりと報いる素晴らしい態度だった。18歳になった皆さんは選挙でも投票権を持ち、いち国民として責任ある権利を得ることになります。今日のようにしっかりと見聞きし判断できる大人になって欲しい。」

との講評をいただきました。

 

 

 

 

  • 高校生ものづくりコンテスト2017 東北大会の要項はこちら
  • 平成29年度全国高等学校総合体育大会
  • 学校資料請求はこちら JS日本の学校 株式会社JSコーポレーション
  • ものづくりの楽しさを体験してみよう!オープンスクール
  • 2018学校案内
  • デンぱんだ大作戦
  • 授業を通して製作した作品
  • 山形電波工高csc
  • 地域公開型図書館
  • 証明書発行の手続き
  • 地域公開講座
  • 新総合体育館建設

ページのトップに戻る