地域公開型図書館

桜満開

図書館2016年4月18日 14:01

いたるところで桜が満開の今日この頃。

週末にお花見を楽しんだ人も多いことでしょうね。

学校の桜は散りはじめ、風に舞う花吹雪がどこか切なく幻想的です。

 

今日はみなさんに【桜にまつわる小説】を2冊ご紹介します。

 

1冊目は...『桜の樹の下には』梶井基次郎・著

桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!という強烈な一文から始まります。

これは信じていいことなんだよ。

何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。

......と話は続いていくのですが、さらに続きが気になる人は図書館へ!

 

2冊目は...『桜の森の満開の下』坂口安吾・著

この本もまた衝撃的なストーリーです。

峠に暮らす山賊はこわいもの知らずでしたが、桜の森だけは恐れていました。

桜が満開のときに下を通ると、気が狂ってしまうといわれていたからです。

ある日、通りがかりの旅人を殺し、その連れである美しい女を自分の家へさらっていきます。

山賊の家には同じようにさらった女がすでに7人暮らしています。

美しい女は山賊の家へ入るなり、その7人の女を全員殺して欲しいと山賊に頼むのです。

どうしても聞かない美しい女の頼み通り、山賊は女たちを殺し......

続きが気になる人は図書館へ!

 

サブグラウンドに舞う花吹雪を眺めながら、読んでみてはいかがでしょうか。

  • 高校生ものづくりコンテスト2017 東北大会の要項はこちら
  • 平成29年度全国高等学校総合体育大会
  • 学校資料請求はこちら JS日本の学校 株式会社JSコーポレーション
  • ものづくりの楽しさを体験してみよう!オープンスクール
  • 2018学校案内
  • デンぱんだ大作戦
  • 授業を通して製作した作品
  • 山形電波工高csc
  • 地域公開型図書館
  • 証明書発行の手続き
  • 地域公開講座
  • 新総合体育館建設

ページのトップに戻る