地域公開型図書館

校内「秋の読書週間」の総括

図書館2015年11月18日 16:12

5日間にわたる朝の読書はいかがでしたか?

今年は「戦後70年」という節目の年。

皆さんが改めて戦争と平和について考える機会を...

ということで、沖縄戦にまつわる実話を読んでいただきました。

  ↓↓図書館にあるこの本から抜粋↓↓

image1.jpeg

朝イチに読むものとしては、辛く重く苦しい内容だったと思います。

これが70年前に日本で実際にあった出来事なのかと思うと...

本当に心から今の平和な毎日のありがたさが身に沁みますよね。

 

皆さんが書いてくれたコメントの中には、

「悲しい」「切ない」「むなしい」「悔しい」などの率直な気持ちや、

「戦争は絶対にダメ」「戦争は誰も幸せにしない」「戦争は負しか生まない」など反戦への強い思い、

「平和な日本であり続けるために、私たちも語り継いでいかなければならない」

「戦争の苦労を乗り越えてきた高齢者に感謝し優しくしたい」

「満足に食事ができ学校にも普通に通える毎日に感謝したい」

「今あたりまえだと思っていることが、実はものすごく幸せなことだと実感した」 

など、様々な感想がありました。

「戦争を経験した祖父・祖母に今度話を聞いてみたい」

「いつか戦争の資料館や現地を訪れてまた考えてみたい」

など、一歩先へ踏み込んで行動しようという気持ちになった人もいたようです。

 

テレビや新聞などでも取り上げられていますが、

戦争を経験された方々が高齢化し、語り継ぐ人がだんだん減ってきています。

そんな中で、戦争を知らない私達がまず「戦争を知ろうとする」ことなのではないだろうか...

など、私自身も戦争と平和についていろいろと考えさせられた秋の読書週間でした。

 

話の続きが気になる人、もっと戦争について知りたいという人は、ぜひ図書館へ!

お待ちしております☆

  • 高校生ものづくりコンテスト2017 東北大会の要項はこちら
  • 平成29年度全国高等学校総合体育大会
  • 学校資料請求はこちら JS日本の学校 株式会社JSコーポレーション
  • ものづくりの楽しさを体験してみよう!オープンスクール
  • 2018学校案内
  • デンぱんだ大作戦
  • 授業を通して製作した作品
  • 山形電波工高csc
  • 地域公開型図書館
  • 証明書発行の手続き
  • 地域公開講座
  • 新総合体育館建設

ページのトップに戻る